AIUで建設工事保険に加入する

事業拡大や人員増員に際して、企業責任として考えるAIUの建設工事保険、カバーされる範囲とさまざまな商品を知る

はじめてのAIU 建設工事保険大紹介メイン画像

AIUで建設工事保険に加入する

建設途中の段階で、建物に何らかの損害が生じるリスクは、少ないとは言えないでしょう。

不測の事態に備えて、建設工事保険をかけておくと、いざという時に復旧費用の面でも安心できます。

AIUは関東地区を中心に、全国の建設工事保険に対応しています。

工事現場で溶接作業をしていたら、引火して焼損事故が起こったというような場合から、配線ミスで過電流を起こして内部破損につながるなど、さまざまなケースが起こります。

カバーされるケースは保険会社によりさまざまですが、請け負った工事ごとに保険を個別に契約するのか、1年間などの期間中に施行する工事に関して、まとめて保険契約するのかといった契約方法にも選択肢があります。

工事中に起こった事故に対するカバーだけでなく、外来のもらい事故に関してもカバーする商品があります。

台風、暴風、落雷といった自然災害をカバーするケースや、自動車がつっこんできたというような事故、盗難、放火などの事故もカバーします。

建設工事保険に加入していれば、建物に損害が起こった前の状態まで戻すためにかかる費用をカバーしてくれます。

残存物を片づけるためのコストをカバーするものや、臨時費用保険金なども支払対象になる商品もあります。

どこまでの保険を必要とするのか、企業責任なども考慮して商品選びをしましょう。

AIUの建設工事保険は分かりやすい商品説明をしてくれます。

元請から保険加入を要求されている企業にも同じように説明してくれるため親切です。

今まで保険をかけていなくても、人員が増え事業が拡大しているなら、一度保険に関して問い合わせをしてみると良いでしょう。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索